住宅ローンのつなぎ融資を避けるためには、代理受領を利用するという方法が考えられるでしょう。

知っておきたい住宅ローン

知っておきたい住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資と代理受領

知っておきたい住宅ローン
住宅ローンを利用して住宅を購入する場合には、住宅ローンによって融資を受け、そしてその資金を住宅の販売業者に支払うという事が行われます。ですから、一旦は住宅を購入する人の手に現金が渡る事になります。これが一般的なものなのですが、住宅ローンでは代理受領というシステムがあります。代理受領というのは、金融機関から住宅の販売者や建築会社などに、直接支払われるものなのです。これによるメリットというのは色々あります。代理受領をする事によって、登記を先に行う事ができるというメリットがあるのです。登記を先に行う事ができれば、それに抵当権を設定するという事もできるでしょう。ですから、住宅ローンの融資を受ける事ができるのです。先に資金を得る事ができるというメリットがあると言えるでしょう。
これは、販売している会社にしてみれば大したメリットはあります。代理受領を利用したいと言う人が増えれば、代理受領のシステムを採用する事によって販売する会社はメリットを受ける事ができるかもしれませんが、代理受領そのものには、販売会社にはメリットはないのです。ですから、全ての不動産会社で代理受領が利用できるというわけではないのです。代理受領が利用できる不動産会社を探すという事も必要となってきます。つなぎ融資を避けるためには、代理受領は非常に優れたものですから、できることなら代理受領を上手く利用して、費用を節約するという事も考えておくべきでしょう。

Copyright (C)2018知っておきたい住宅ローン.All rights reserved.