ローンを組んで新築の住宅を購入する際に注意しておかなければならないのが、つなぎ融資の存在です。

知っておきたい住宅ローン

知っておきたい住宅ローン

新築の住宅ローンにはつなぎ融資が付き物

知っておきたい住宅ローン
マイホームを購入する際には、代金の支払いと同時に建物の引き渡しを受ける契約になっています。この場合、中古物件や建売物件のように既に存在する建物を購入したり、現金で支払うなら特に問題無いのですが、新築物件をローンを組んで購入するケースは注意しておくことがあります。それは、完成する前に融資を受けることは出来ないという点です。融資を受けるには建物に抵当権を設定する必要があり、これは建物が完成し登記が完了してからでないと行えないことになっています。このため場合によっては完成してから1ヶ月程度かかることもあります。しかし建築会社は早く代金を回収しないと経営に影響が出るため、着工時や中間時など完成前の段階で支払いを求めて来るケースが慣例になっています。こうした時に活用されるのがつなぎ融資というものです。
つなぎ融資とは、文字通り本来の融資が受けられるまでの期間をつなぐ目的の融資です。期間は短期ですが無担保での融資になるため金利が高めになることもありますし、手数料もかかります。さらにどの金融機関でも扱っているとは限りません。多くの場合には建築会社が紹介する提携ローンを利用することになるようです。つなぎ融資は、ある意味建築会社のための融資とも言えますので、購入者としては極力利用しないに超したことはありません。出来るだけ自己資金を準備し、つなぎ融資を受ける金額を少なくしておくことも重要ですし、事前に建築会社と交渉しておくことも大切となります。

お勧め情報

Copyright (C)2018知っておきたい住宅ローン.All rights reserved.