住宅ローンを利用する時には建物が完成するまで融資が行われませんから、つなぎ融資が必要となります。

知っておきたい住宅ローン

知っておきたい住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資を抑える方法

知っておきたい住宅ローン
住宅ローンを利用して住宅を建築するときには、つなぎ融資が必要になる場合もあります。このつなぎ融資を利用するためには利息の支払いも必用ですし、事務手続きなどに関わる諸費用なども必要ですから、できることならつなぎ融資を使わない方法を考えたいところでしょう。では、どのようにすれば良いのでしょうか。この時には、まず建物に対する融資は、建物が建築された後にしか行われないという事を把握しておく必要があります。それとともに、土地の代金は最初に支払わなければならないという事も把握しておくべきでしょう。
土地の代金というのは最初に支払わなければならないものですが、土地と建物とを一括で住宅ローンにしてしまうと、建物が完成されるまで融資は行われません。それにもかかわらず土地の購入代金は先に支払わなければならない場合が多いのです。土地を購入してから建物が完成するまでには、半年から1年くらいかかることもあるでしょう。この期間のつなぎ融資に支払う利息というのは大きなものとなってくるでしょう。この時には、土地と建物を別々にしてローンを受けるという事ができます。そうすれば、土地の代金を支払うときの融資がすぐに行われるでしょう。その後に建物のローンを組むというようにすれば、つなぎ融資を利用しなくても良い事になるのです。また、自己資金があるのなら、その自己資金を着手金などに充てるのも良い方法です。そうすることでつなぎ融資を避ける事ができるのです。

お勧め情報

Copyright (C)2018知っておきたい住宅ローン.All rights reserved.