つなぎ融資は住宅ローンの融資が実行されるまでの間に必要な資金を融資してくれるものであると言えるでしょう。

知っておきたい住宅ローン

知っておきたい住宅ローン

住宅ローンのつなぎ融資について

知っておきたい住宅ローン
住宅ローンを利用して住宅を購入するときには、つなぎ融資が必用になる場合もあります。つなぎ融資というのは、実際に融資が行われるまでの短期間の資金を融資してくれるものであると言えるでしょう。つなぎ融資が必要になる理由としては、住宅ローンを申し込んでから融資が行われるまでに、一定の時間がかかるという事です。例えば数日から数十日かかるというように考えておくべきでしょう。
住宅を建築するためには、建築着手金を支払わなければならない事もあります。建築着手金を支払うことで建築が開始されることになるのですが、その段階で住宅ローンが下りていない場合もあるのです。そのために建築を遅らせるというのは得策ではないでしょう。このような時には、一時的に銀行から融資を受ける事ができる場合も多いでしょう。このような融資をつなぎ融資と呼ぶのです。実際に住宅ローンの融資が実行されれば、その資金でつなぎ融資を返済する事ができます。つなぎ融資というのは、住宅ローンとはまったく異なる融資ですから、つなぎ融資を受けるためにはそのための契約も必要となってくるでしょう。また、金利も異なります。どれだけの金利になるのかというのは、基本的には銀行によって異なっています。住宅ローンを組んだ銀行に依頼をすれば、かなり低い金利でつなぎ融資をしてくれる事もあると思います。つなぎ融資を利用する時には、手数料などもかかりますから、この点には注意が必要です。

お勧め情報

Copyright (C)2018知っておきたい住宅ローン.All rights reserved.